« 朝食の役割 | メイン | 好きなものばかり食べると… »

2009年3月17日 (火)

教務主任,西田登場

年間を通して最も大切な行事,それは「卒業証書授与式(卒業式)」。

全校揃っての卒業式練習がスタートしました。

この日のメインは「心構え」。

Dsc_0033 Dsc_0036 Dsc_0042

1年生からもちろん主役の卒業生まで,700人超の子供たちが出席するわけですから,「卒業生が気持よく卒業できるよう頑張る!」という思いを,在校生はしっかりと抱く必要があるわけです。

Dsc_0024 Dsc_0030 Dsc_0025

めくりを用意して低学年にも分かりやすいように視覚に訴えるのは,西田。

西田は教務主任として,授与式当日の進行を務めることになります。

全体練習前日の16日には,6年生の練習に参加。

その熱い思いを語りました。

東小では6回目の進行。

毎回内容はそう大きく変わらない卒業式。

しかし,「慣れ」や「気の緩み」といったことは一切ないそうです。

「卒業生にとっては一生に一度の晴れ舞台」

という揺るぎない信念に基づいて行っているからです。

自身がしっかりと卒業生を送り出せるよう,必ず6年生の教科を担当していることからも,その思いがうかがわれます。

その思いが卒業生にまで届いているかどうかは別として,6年生の担任として「ああ,ありがたいなあ。幸せな子供たちだなあ。」と感じています。

文責;6年 鷲尾

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/235898/18915595

教務主任,西田登場を参照しているブログ:

コメント

みなさんは、卒業式がどれだけ大切だか、わかりますか。
卒業式は、1,2,3,4,5年生は、自分の学年を卒業する、
6年生は、巣立ちます。そこで、感謝の気持ちをこめて、卒業式を行いたいですnote

 こんにちわ~~~~
今日の練習は、「卒業式の歌」だけだったけど、
次は、「きみがよ」「校歌」などをするのでがんばりたいですnote

私は、6年生をすごいと思います。 あんなきれいな歌声が出るなんてsign02
とびっくりしてしまいました。 それに卒業式ではないのにとても感動してしまいました。
私も6年生のような歌声が出るように頑張りたいです。

卒業式練習。6年生のあの歌声、感動しましたcrying
練習とは思えず泣きそうでしたweep
きっと今までのことを思い出して
当日は泣いてしまうかも・・・
                 ですねsign01

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。